拙僧、周りからは “酔いどれ雲水” とも、“平成のスーダラ雲水” とも言われている極めていいかげんな修行僧?でござる。
  「何を修行しているの?」って?  ん~ん ・・・、  えぇ~と・・・、  まぁ~・・・、  いろいろでござる。
 とにかくあんな話、こんな話、いろんな話を記してみようと思ってござる。
                                       _/_/_/_/_/ 2010/3/25 【雲水】 _/_/_/_/_/

自然はこうして   ・・・ 草津白根山 ・・・

 昨夜から今朝にかけての東京の降雪のことや、200人近い死者を出した八甲田山雪中行軍(1902年のきょう1/23)に関する “雪の怖さ” に関する記事を書こうとしているところへ緊急速報メールが。
草津0176
【 普段はこんなに綺麗な草津白根(湯釜)だが。 】

 『雪崩発生 草津白根山が噴火か』 と。
 噴火により雪崩が発生したらしい?
 4人程が雪崩に巻き込まれたらしい?
 噴火の粉塵でロープウェーの窓が割れ、怪我人が出ているらしい?

無題2
【 噴火したと思われる地点から湯釜までは直線で約 1.5 km。(Googleマップより。) 】

 速報に依れば大惨事か?
 普段は風光明媚な草津白根だが・・・、

 自然はこうして突然にキバをむく。 
 人間に出来る対抗策は “普段の備え” と “迅速で的確な対応” だけ。 

 草津白根、小規模な噴火に止まって欲しいものだが・・・。 

もう少し高いところには   ・・・ 雲の羽衣 ・・・

 「夜光雲(やこううん)」 という雲があるのだそうで・・・。
 日常拙僧たちが目にしている通常の雲が地上10km圏内に発生するのに対し、夜光雲は地上約75〜85km付近にできるのだとか。
 なので 「地球上で最も高い位置に発生する雲」 ということらしい。
 と言うことは、(高度が高いので) 太陽が地平線付近にあるときは下から太陽の光を受けて “青白く輝いて見える” のだと言う。
 そしてその「夜光雲」が、最近日本国内で撮影され Twitter 上で話題に。

l_mach_180120yakoun01
【 “kkkkk” さんの投稿より 】

 撮影されたところは鹿児島市のほぼ中心部とのこと。
 青・赤・白に染まったヒダのような雲を、投稿者の “kkkkk” さんは 「雲の羽衣」 と表現されておられる。
 “う~ん、確かに綺麗だし幻想的でもある” ことから、「雲の羽衣」 との表現は、まさにピッタリの表現では?

 で、今回の 「夜光雲」 の発生は、JAXA によれば鹿児島県にある内之浦宇宙空間観測所で行われた、イプシロンロケット3号機の打ち上げ (1/18朝) によるものとのことで、これまでのロケット打ち上げの際にも観られたことがあるのだそうだ。

 綺麗だなぁ、「雲の羽衣」 か・・・、  
 んっ?! するともう少し高いところには、  

 衣を解いた “天女様” が???  m(__)m  

若かったからこそ   ・・・ 西郷どん ・・・

 NHK の大河ドラマ “西郷どん” の一部ロケが当地の海岸で行われたことから、拙僧は “当地のシーンはいつ放映?” 、“どんな風に映っている?” などと興味は “ストーリーそっちのけ” で日曜日の放送を楽しみに待っている。
 そして遂にきょうは日曜日。夕方の放送が待ち遠しいところだ。
 先ほど NHK の HP にアクセスし、今日放送される第三回のストーリーを観ると、下に貼ったような紹介が。

キャプチャ
 拙僧が水色で塗った部分に 「剣豪の少年・半次郎」 とあり、後に西南戦争で西郷隆盛とともに私兵を率いて政府軍と戦い、壮絶な最期を遂げる “中村半次郎(後の桐野利秋)” ときょうの回で出会うようだ。

 ところできょうは “薩長同盟” が結ばれた日。
 1866年(慶応2年) のきょう、薩摩の西郷隆盛と長州の木戸孝允らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、それまで “犬猿の仲” とまで言われていた薩摩と長州が倒幕(主として長州の対幕府戦[対第二次長州征伐]対策)のための同盟を結び、時代は一気に翌年の大政奉還(倒幕)へと進んだ。
   
 西郷隆盛39歳、中村半次郎29歳、木戸孝允34歳、坂本龍馬31歳。 
 大政奉還のときの彼らの年齢である。 

 とにかくみんな若かった。 


 若かったからこそ、 
 突き進めたんだろうなぁ・・・。 
プロフィールでござる
アクセス数でござる
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ いつも有難うございます ☆
・・・・・ SINCE 2010/3/25 ・・・・・

記事(単語)検索でござる
月別表示でござる
カテゴリ別表示でござる