拙僧、周りからは “酔いどれ雲水” とも、“平成のスーダラ雲水” とも言われている極めていいかげんな修行僧?でござる。
  「何を修行しているの?」って?  ん~ん ・・・、  えぇ~と・・・、  まぁ~・・・、  いろいろでござる。
 とにかくあんな話、こんな話、いろんな話を記してみようと思ってござる。
                                       _/_/_/_/_/ 2010/3/25 【雲水】 _/_/_/_/_/

ウマとシマウマみたいに   ・・・ キリン ・・・

 叔母の “ふた七日” の法要を済ませて、ただいま雲水庵に帰庵。
 ブログの更新が遅れてしまいました。 m(__)m

 きょうは、珍しい “白いキリンの親子” の動画を。
 以前から目撃情報はあったものの、今まで一度も画像や動画におさめられたことは無く、“幻のキリン” と言われていたらしいのだが、今回遂に動画におさめられたとのこと。
 撮影された場所は、ケニア東部ガリッサにあるイシャッビニ保護区

 
【 初めて動画におさめられた “白いキリンの親子” 。 】

 他の生物でも、“アルビノ” と言う先天的な遺伝子疾患で白い個体が生まれてくることはあるが、このキリンの親子は、親子共に全身が白いことから 「アルビノ」 ではないと見られているという。

 と言うことは、新種??? 
 だとしたらキリンも、ウマとシマウマみたいに、 


 キリンとシマキリンに? φ(.. )  

どうなるかな?   ・・・ 台風18号 ・・・

 すっかり秋めいてきて、“行楽シーズン到来!\(^o^)/” というタイミングでの三連休だったのに・・・、
 大型で非常に強い台風18号が。
 
 yahoo天気予報によれば、「台風18号と前線の影響で連休中はほぼ全国的に大荒れの天気になるでしょう。」 とのこと。

 旅行に出かける予定だった人や、屋外イベントに参加する予定だった人などは、さぞかし悔しい思いをしておられることだろう。
 それに、全国各地で敬老会が予定されていて、参加するのを楽しみにしていた高齢者の人たちも・・・。
キャプチャ
【 気象庁が今朝発表した台風18号の進路予想 】

 今朝すでに九州南部は大雨
 西日本きょうからあすにかけ、
 東日本あす中心に、
 北日本あすから明後日
 大雨と暴風などに警戒が必要とのこと。
 更に、“記録的な大雨になる所が出てくるおそれもある” とのことで、
 “なんとも心配で嫌な気分” である。

 台風の進路予想が非常に気になる所だが、最近では気象庁以外にも多くの気象予報機関の進路予想が公開されている。
 なので拙僧は、それぞれの機関が予想していた軌跡を比べて、「今回はどこが一番正確か?」 を調べ出し、その機関の進路予想を参考にして “台風対策” を立てている。

screenshotshare_20170916_082834
【 沢山の気象予報機関が進路予想を。 CWBは台湾中央気象局 】

screenshotshare_20170916_082925
【 上の進路予想図を拡大。 各機関が比較的 “似通った” コースを予想している。】

 各機関の進路予想が “ほぼ一致” していると、かなりの信憑性を持つことができる。
 そして今回の台風18号に関する各機関の進路予想は、 “ほぼ一致” とは言えないまでも、比較的 “似通った” コースを予想している。

 さあ、“早すぎる” ということはない。できることから対策を始めよう! 
 あぁ~・・・、それにしても当自治会の敬老会・・・ 、

 どうなるかな?やってやりたいのだが・・・。。゜(´Д`)゜。 

ただし、   ・・・ 六曜 ・・・

 お祝い事を行う場合、“仏滅” を避ける習慣がいまだに根強い。
 ご存知のように、この “仏滅” は 「六曜(ろくよう:大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅)」 という歴注で、“仏滅” 以外にも 結婚式は大安がよい」 とか、葬式は友引を避ける」 などと、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついる。
 拙僧自身は気にしていないが、周囲の人たちの多くがこの 「六曜」 を気にしていることから、拙僧も周囲に従い、(予定の)日の変更を余儀なくされることがしばしばある。

2017-9
【 BS11のカレンダー(フリー素材)に旧暦を追記。これによると、きょうは “先勝” である。】

 では、この 「六曜」 とは “どのように決められているか” ご存じだろうか?
 知ってしまうと、
 「なんだ、そんなものなのか」 と、「六曜」 に関する “観念” が少々変わるのではないか?と思うのだが・・・。

 実は 「六曜」 は、ある算式によって決められている。
 その算式とは、
 『(月+日)÷ 6 =? と余りというもの。
 ただし、(月+日) を旧暦に置き換えて計算をし、余ったNの値で 「六曜」 が決まるのである。
 Nの値と 「六曜」 の関係は、
キャプチャ
 と決められている。

 例えばきょう2017年9月15日は、旧暦では7月25日
 よって、(7+25)÷6=5余り2(N)となり、
 ∴ 余り2は、“先勝” 
 ということに。
 
 もうお判りのように、「六曜」 の決定過程には “縁起” という概念は存在していないのである。
 この 「六曜の仕組み」 を知ると、“それ程に気にすることも無いジャン” と思いませんか?

 予定は 「六曜」 に振り回されることなく、 
 都合の良い日に行うのが一番良い! ただし、 

 “周囲に妄信者が居なければ” ではあるが。 
プロフィールでござる
アクセス数でござる
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ いつも有難うございます ☆
・・・・・ SINCE 2010/3/25 ・・・・・

記事(単語)検索でござる
月別表示でござる
カテゴリ別表示でござる