拙僧、周りからは “酔いどれ雲水” とも、“平成のスーダラ雲水” とも言われている極めていいかげんな修行僧?でござる。
  「何を修行しているの?」って?  ん~ん ・・・、  えぇ~と・・・、  まぁ~・・・、  いろいろでござる。
 とにかくあんな話、こんな話、いろんな話を記してみようと思ってござる。
                                       _/_/_/_/_/ 2010/3/25 【雲水】 _/_/_/_/_/

スッキリと明解に   ・・・ JTさんのサイト ・・・

 一昨日の記事に書いた “JT” の電子タバコ (プルームテックのスターターキット) が、遂にきょう拙家に届く(送達される)らしい。
 購入の申し込み以来、実に “4ヶ月待ち” の末のGetである。
 で、今日の記事は “JT” さんに対する “小言(こごと)” を少々。

 随分以前のことになるが、タバコ部門の売り上げが減衰していく中で、タバコに代わる新たな収入源の一つとして “JT” さんは食品分野の事業展開(子会社)を図った。
 タバコが人に与える健康被害が世界的に大きな問題となっている中で、当然 “JT” さんとしては “汚名挽回” とばかりに(知人より、“汚名”は「返上」するものとのご指摘を後日受けました。ハイ確かに・・・∴「汚名返上」に訂正いたします。m(__)m)、他の食品会社以上に取り扱う食品の “素材の安全性” を強調してPRしていたのだが・・・、
 次のような事件が発生(下に当時のニュース記事を貼っておきます)。

キャプチャh

  “JT” さんと言えば前身は “専売公社” と言う 「公共企業体」 だったので、拙僧は “JT” さんの企業体質には強い信頼をおいていたのだが、この事件から拙僧の “JT” さんに対する印象が変わり始めた。

 そして最近の拙僧の “JTさんに関する不信感” だが、
 「情報発信 (サイト)の記述の不整合をあまり問題視していないようだ 」。
 辛辣な言い方をすれば、
 「情報発信 (サイト) がいい加減で、しっかりサイト管理をしているとは思えない。少なくともユーザー目線ではない(ユーザーの混乱を招く)
 以下がその例である。
1
 上の画像は、近々新発売する予定の商品紹介である。ご覧のとおり 『11月上旬発売予定』 である旨の告知だ。
 しかし同サイトには次のような告知も。

JT
 ここでは拙僧が見やすいように赤い網掛をした部分をご覧いただきたい。
 『発売年月日:2017(H29)年11月1日』 と記されている。しかしまだきょう(11月8日)現在発売はされていない(オンラインショップで買えると書いてあるが、買えない)。
 更にこれ以外にも、画像は割愛するが 『11月頃』 という表記まである始末だ。
 そこで拙僧はカスタマーセンターに電話をし、あきらかに不整合だし、読者(ユーザー)が混乱するのでこの記述は削除するか修正をした方が良いのでは?と進言?したのだが・・・。
 クドイようだがきょうは2017(H29)年11月8日、依然としてこの二つの記述は同サイトに記されている(「11月頃」という表記も)。
 ちなみに、紹介されている商品はいまだ(2017/11/8 PM 00:00現在)購入不可能の状態だ。

 それ以外にも、

キャプチャ2
 上の画像は、きょうの記事の始めに書いた “プルームテック・スターターキット” の購入手順に関するものだが、下段に [▼購入可能期間▼] とあり、
 『2017年11月07日 00:00~・・・』 と記されている。
 ところが、

キャプチャ1
 上の画像では、2017年11月07日はAM1:00まではメンテナンスのためサイトの閲覧が出来ないとある。もちろんこれらも同時掲載されていたものだ。(*拙僧はこの日AM1:26に購入手続きが完了した。)

 企業のサイトは、企業にとっては最も重要な情報発信ツールであり、企業はどこもその内容については、不整合は勿論のこと誤字脱字、表現内容 (言葉の使い方) にまでも細心の注意を払っている。

 だから “JT” さん、理解力の乏しい拙僧にも解るように、 
 サイトの記述はもう少しスッキリと明解にしましょうよ。 

 排煙して、クリアな環境に(′∀`)ネッ! 

素材なんかは   ・・・ ハンドスピナー ・・・

 『純金製ハンドスピナー発売!』
 小物のヒット商品が出ると必ずこんな展開に成るんだよなぁ・・・。
 拙僧は、現代人はもう 「純金製」 ということにインパクトを感じなくなっていて、“話題性” は希薄なんじゃないかと・・・。
 『純金製の〇〇』 という代物にインパクトを感じ、奇抜性を感じたのは昔のことで、今では殆んどの人が 「あ、そうなんですか」 程度にしか思わないのではないだろうか? 

1
【 回転時間5分間超、重量500㌘、価格432万円(税込)】 

 で、最近拙僧はかなりのインパクトと奇抜性を感じたハンドスピナーを見つけた。
 回転時間15分間超、価格1万数千円。
 ハンドスピナーは “回ってナンボ” のものだ。15分間超は実に凄い!   

 もし 『純金製ハンドスピナー』 が
15分間超の回転性能だったら、 
 拙僧は 
『純金製ハンドスピナー』 を “べた褒め” しているんだがなぁ。 
 なぜならハンドスピナーは、 


 素材なんかは何でも良くて、 
 “回ってナンボ” のものだから。 

ずっと以前から   ・・・ プルームテック ・・・

 拙僧は8月の始めから、“タバコ” を燃焼タバコから電子タバコに切り替えている。
 切り替え当初は吸った時の香りや刺激にかなりの “物足りなさ” を感じたが、2~3日続ける内には慣れ、その内には喉のイガイガ感もとれ、痰なども全く発生しなくなった。

WS000054
電子タバコ煙量
【 電子タバコにもたくさんの種類があるようだ。】

 そして三か月後の10月末に、恒例のドック検診を受けた。
 数日して送付されてきた “検診結果” を見ると・・・、
 なんと肺機能が昨年の「B判定」から今年は「A判定」に改善していた。
 電子タバコに切り替えたからかなぁ?
 それとも “たまたま” だったのか???
DSC_000001
【 JTのプルームテック。バッテリー(白)の部分は互換品(非正規品)です。 】

 で、電子タバコにはいくつか種類があるが、拙僧が使っているのは “JTのプルームテック” というもので、“フレーバー&カプセル” という “味の素?” を、「低温加熱」 して “蒸気” を発生させて吸引するものだ。そして「低温加熱」をするツールは細長い煙草状のバッテリーである。
 なので、この “JTのプルームテック” は、“フレーバー&カプセル” という “味の素?部分” と “細長い煙草状のバッテリー部分” の二つを結合させて “一式” となる。
 ところが “バッテリー部分” の生産が需要に全くと言って良いほど追い付いていない。
 JTさんもかなり頑張って生産量をあげてくれているようだが、拙僧の手元にはまだ届かず、“非正規品(互換品)” を使っている現状である。

 最近になって、JTさんから拙僧に届いたメールによると、拙僧の場合は今月中に正規品をGet出来るとのこと。

キャプチャ2
【 JTからのメール。 拙僧は、やっと今月中にGet出来る(赤い波線部分)らしい。 】

 7月に申し込んで11月に届くと言うことは、実に4か月待ちと言うことだ。
 拙僧の経験では、喫煙者には 「一日も早く禁煙を!それが無理なら明日からでもプルームテックに!!」 と言いたいところであるが・・・。

 ここで補足情報を。
 JTの調査によると、プルームテックに切り替えた人のその後の禁煙率が非常に高いのだとか。
 拙僧も、最終目標は禁煙だ。 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

 プルームテックを使用しているある人が、拙僧にこんなことを言った。 
 「これからは “電子タバコの時代” ですよ。(^∀^)」 
 イヤイヤ、禁煙出来ない拙僧が言うのも何ですが・・・、 

 現代はずっと以前から、 

 “禁煙の時代” なんですよ。 ('A`|||) 
プロフィールでござる
アクセス数でござる
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ いつも有難うございます ☆
・・・・・ SINCE 2010/3/25 ・・・・・

記事(単語)検索でござる
月別表示でござる
カテゴリ別表示でござる