拙僧、周りからは “酔いどれ雲水” とも、“平成のスーダラ雲水” とも言われている極めていいかげんな修行僧?でござる。
  「何を修行しているの?」って?  ん~ん ・・・、  えぇ~と・・・、  まぁ~・・・、  いろいろでござる。
 とにかくあんな話、こんな話、いろんな話を記してみようと思ってござる。
                                       _/_/_/_/_/ 2010/3/25 【雲水】 _/_/_/_/_/

どうにかしなければ   ・・・  (ノ◇≦。) ビェーン!! か? ・・・

 FIFA W杯ロシア大会で、日本が Best16入りを決めた一時間ほど後(6/29 AM 2:00)に、拙僧は昨日のブログ記事をアップした。
 そのときの PC(デスクトップ)は順調に作動し、通常と変わりなくシャットダウンできたのだが・・・、

 昨日のブログをアップしたあと就寝し、目覚めたのは昨日の AM7:00。
 起床して朝食を済ませ、いつものように PC を立ち上げようとすると・・・、
 起動しない。
 電源が入らないのだ。 (((( ;゚д゚)))
 なんども試したが一向に立ち上がる気配がない。
1
【 孫チャンⅡ は、このデスクトップ PC でキーボード打ちを覚えた。 】

 とりあえず SUB のノートでこの記事を書いているが、日ごろからあまり使っていないので “使い勝手” がイマイチで、どうもしっくりこない
 しっくりこないのは仕方がないとしても、
 そんなことよりデスクトップPC をどうにかしなければならない。

 何が?どう悪い? 
 修理が効く?幾ら位かかる? 
 それとも (ノ◇≦。) ビェーン!! か? 

 きのうから拙僧は、 
 失意の中に。 (ρ゚∩゚) グスン 

考え過ぎかも知れないと   ・・・ FIFA W杯 決勝T進出 ・・・

 やっぱり “薄氷を踏んだ” ね。 。゜(´Д`)゜。
 でも、どんな形であれ2位は2位だからさ。
 とりあえず万歳だ。\(^o^)/ヾ(=^▽^=)ノ\(~o~)/

キャプチャ1
【 イングランドだろうがベルギーだろうが、どんとこい! 】

 終盤になってポーランドベンチが、コロンビア一点リードの情報を得て以降、自分たちは加点を狙わずに日本の “一点負け逃げ切り” に協力してくれている姿に拙僧は涙が出て来た。
 “ここは加点せずに、日本の決勝トーナメント進出をアシストしてあげよう” と考えてくれたと思ったのは拙僧だけではないと思うのだが・・・。 

 なぜ拙僧がそんな風に考えたかと言うと、
 かつて “惻隠(そくいん)の情” にかられた二人の日本人が、多くのポーランド人の命を救った史実があるからである。
 一人は杉原千畝(Wikipediaにリンク)さん。
 そしてもう一人は松澤フミ(livedoor NEWSにリンク)さん(日本赤十字社・日本政府)だ。
1
【 ポーランドの孤児たちと日本赤十字社の看護師たち (善意の架け橋:兵藤長雄氏著より)】

 この二人の名前や、当時の日本赤十字社と日本政府の偉業を知らないポーランド人は居ないと言われるほど、ポーランドでは感謝され、尊敬されている史実であり二人である。
 そんな歴史があったからか?ポーランドは親日国家として知られている。

 対ポーランド戦、 
 拙僧の考え過ぎかも知れない。 

 でも、そうであって欲しいと。 

そして拙僧に   ・・・ 今夜は走り回れ! ・・・

 さあ、いよいよポーランド戦だぞ!
 FIFA W杯予選 H 組の二試合(23:00~)が今夜行われ、決勝トーナメント進出の2チーム(2ヵ国)が決定する。
 国内では TV を中心に、「(Vsポーランド)引き分け以上で決勝トーナメント出場決定」 などと楽観ムードを煽っているが、拙僧は “イヤイヤまだ薄氷の上だぞ” と心配をしている。
 その理由は・・・、
 ポーランドは3大会ぶりのW杯出場だが、前回の出場(2006年ドイツ大会)、前々回の出場(2002年日韓大会)とも、今大会同様初戦と第2戦を落としたものの・・・、
 最終戦はいずれの大会もしっかり勝利を収めている。
 ポーランド人は、「予選敗退が確定したからもう残りの試合はどうでもイイや」 などとは考えず、「なんとか一矢報いよう!」 と考える真面目な国民性のようだ。
 その国民性は日本人と共通していて、リスペクトに値するし親近感も感じるが・・・、
 こと今回のこのケースでは、ナンカ嫌な感じがするデータでしょ!?

1
【 拙僧は乾選手の活躍に期待をしている。 sportsnaviより 】

 では、日本はポーランドに負けたら “予選敗退決定” か?と言えばそうではない
 日本がポーランドに敗れた場合でも、セネガル Vs コロンビア戦の結果に依っては予選を突破することができる。
 その辺を整理すると次のとおりだ。
 ・セネガルがコロンビアに勝利 ⇒ 日本は2位で通過。
 ・セネガルがコロンビアと引き分け ⇒ 日本は3位で敗退。
 ・コロンビアがセネガルに勝利 ⇒ 日本とセネガルの得失点差の争い(得失点差以降は総得点→フェアープレーポイント→抽選の順)。

 ここまで書いて、更にネガティブに成らざるを得ない過去の出来事を。
 1996年のアトランタ・オリンピックのことだ。
 西野朗監督率いる日本チーム(U-23)は、おおかたの予想を覆してブラジルに勝利(1-0)した。
 俗に言う "マイアミの奇跡" と呼ばれる一戦である。
 この一戦で日本の評価は一気に上昇したが・・・、
 結果は2勝1敗で勝ち点6を獲得したものの、得失点差で決勝トーナメントに進むことはできなかった。

キャプチャ1
【 レバンドフスキをどこまで封じ込めることができるか? sportsnaviより 】

 などと、ネガティブなことを書き連ねたが、
 ポーランドは足がウィークポイントだ。
 コロンビアが観せてくれた 「ポーランド崩し」 は、日本にとっては非常に良いお手本である。

 今まで以上に走り回れ! 
 そして拙僧に、 


 深夜の美酒を! m(__)m 
プロフィールでござる

雲水

アクセス数でござる
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ いつも有難うございます ☆
・・・・・ SINCE 2010/3/25 ・・・・・

記事(単語)検索でござる
月別表示でござる
カテゴリ別表示でござる