拙僧、周りからは “酔いどれ雲水” とも、“平成のスーダラ雲水” とも言われている極めていいかげんな修行僧?でござる。
  「何を修行しているの?」って?  ん~ん ・・・、  えぇ~と・・・、  まぁ~・・・、  いろいろでござる。
 とにかくあんな話、こんな話、いろんな話を記してみようと思ってござる。
                                       _/_/_/_/_/ 2010/3/25 【雲水】 _/_/_/_/_/

行灯(あんどん)仕立て  ・・・アサガオ・・・

1-11-2   今朝は定番どおりセミの鳴き声で目が覚めた。AM5:00に起きて外へ出る。いつも花の様子を一通り観て回ることにしているが、最近は、“アサガオの行灯仕立て”の花数が、日増しに増えているのが嬉しい。


1-41-3 昨年の夏、思いつきで“アサガオの行灯仕立て”に挑戦した。何の参考書を読むでもなく、写真などを頼りに、ただ見よう見まねで栽培してみた。結果、一日に開く花数が、4~5個程度と少なく、“来年は本格的に勉強して”と望んだ今年の“アサガオの行灯仕立て”だった。

 子葉が出て、やがて本葉が出る。本葉が8枚程度のところで蔓を止めるのが重要らしい。そのとおりしてみた結果、どの種類のあさがおも画像のように、今年は昨年の倍以上の花が開いた。

 さあ、明日の朝は幾つの花が開くだろう・・・明日の朝が楽しみだ。

いくら何でも  ・・・キュウリ・・・

DSC03218 先日のブログに書いたように(8/3日ブログ参照)畑のキュウリが採れだした。“バラが救ったナス”(6/257/10ブログ参照)も、時期的にはとんでもなく遅れてはいるが、花が沢山着きだし、結実してきている。

DSC03222 愚妻の話になるが、いつも作物が採れだすと“せっせ”と畑に通う。それまでは全く畑のことは“無関心”で、耕運・元肥・植付・追肥などは“お父さんの仕事”と決めているようだ。
 愚妻は作物の成長度合いを観て、朝の収穫・昼の収穫・夕方の収穫と、収穫の時間帯を分けている。本人なりにこだわっているようだ。確かに採れたては味も香りも濃くて美味しい。しかし、三度・三度の食卓に同じものが並ぶといくら何でも・・・。

復活! ・・・スイレン・・・

DSC03214 “オープンカフェ雲水”の隅にスイレン鉢が二つ置いてある。スイレンは、愚妻が5~6年前に何処かで購入して来たもので、今年の春まで玄関脇の石臼の中に、メダカと共に入っていたものである。
 購入以来、施肥をする訳でもなくずっと放置して置いた為に、ついに昨年と一昨年は花を着けなくなってしまっていた。さらに今年に入ってからは、葉が茶色に変色して瀕死の状態になっていた。
 6月に入ったある日、愚妻はスイレン鉢を買って来て、スイレンの株分けをした。田んぼの土を鉢の底に敷き、その土の中に肥料を埋め込んだ。すると日増しに葉が増えだし見事に復活。そして今日ついに花が開いた地味な花ではあるが、やがて5つ6つと揃って開花すれば、結構見応えのある花でもある。
プロフィールでござる
アクセス数でござる
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ いつも有難うございます ☆
・・・・・ SINCE 2010/3/25 ・・・・・

記事(単語)検索でござる
月別表示でござる
カテゴリ別表示でござる