拙僧、周りからは “酔いどれ雲水” とも、“平成のスーダラ雲水” とも言われている極めていいかげんな修行僧?でござる。
  「何を修行しているの?」って?  ん~ん ・・・、  えぇ~と・・・、  まぁ~・・・、  いろいろでござる。
 とにかくあんな話、こんな話、いろんな話を記してみようと思ってござる。
                                       _/_/_/_/_/ 2010/3/25 【雲水】 _/_/_/_/_/

“ ナンジャモンジャ ” って、どんなもんじゃ?   ・・・ ヒトツバタゴ ・・・

 薄曇りではあったが暖かな日だったので愚妻と共に散歩に出た。最近は拙宅より南の地域を歩いていたので、今日は久しぶりに北へ向かって歩いてみた。拙宅から北に1.5km程歩くと市のスポーツ施設がある。北の散歩コースを歩くときはいつもこのスポーツ施設の南端が折り返し点と成っているのだが、“今日は20110225-1施設の外周も廻って見よう ” と言うことになった。 400m 弱の外周には修景木が植えられている。
 外周の南面を歩いていると、突然愚妻が何種類かの修景木の中のひときわ貧弱な木を指差して、
 『 ねぇ!ねぇ!! この木知ってる?』 と拙僧に聞いてきた。
 樹名板には “ ナンジャモンジャ ” と書いてある。
 『???ナンジャモンジャ?知らん!ふざけた名前だ・・・ 』
 落葉樹なので今は幹と枝だけである。どんな葉が出てどんな花が咲くのか全く分からない。
 “ ナンジャモンジャ ” って、どんなもんじゃ?

 帰宅してから調べてみた。
 和名は “ ヒトツバタゴ ”、 学名(長いので省略)はギリシャ語で “雪の花 ” を意味するらしい。
 中国が原産。中国、台湾や朝鮮半島、国内では対馬、木曽川(岐阜県)、愛知県などに “ 隔離分布 ” 20110225-2という珍しい分布形態をとる樹木で、緑の葉の上に雪が積もったように白い花を咲かせるそうである。
 “ ナンジャモンジャ ” の語源は、『(珍しい木だが)、何と言う物だ?』 が変化して “ ナンジャモンジャ ” に成ったというが・・・どうだろう?
 
 当地では 5 月中旬ころに開花するらしい。
 “ ナンジャモンジャ ” って、どんなもんじゃ?
 開花が待ち遠しい。

国税? 酷税?   ・・・ 所得税の確定申告 ・・・

 N 嬢 (関連ブログ11/7)のお父さんの確定申告書を作った。彼女の父上は年金生活者だが、年金から源泉徴収がされている為、確定申告で医療費控除を申請すると幾らか税金が還付される。

 確定申告の方法も I T 化されてずいぶん様変わりした。以前は全て “ 手書き・手計算 ” で申告書を作ったが、最近では自宅にいてインターネットを介して申告書が作成できたり、申告や納税ができる(e-tax、イータックス)ように成っている。

20110224 拙僧は何年か前から確定申告の際には、国税庁のHPにアクセスして 『 申告書作成コーナー 』 を利用している。収入データや控除データを入力すれば全て自動計算されて申告書が出来上がる。税の計算方法や制度改正など知らなくても、国税庁のサーバー内のプログラムが間違いなく申告書を作ってくれる訳である。あとはプリンターで申告書(提出用・控用)や計算書等を出力し、関係機関に持って行くか郵送するだけだ。

 ところでN嬢の父上だが、優に80歳を超えた高齢者である。失礼だが、他に収入は無く、特に高額の年金を受給している訳でも無い。このような高齢者の年金からも所得税(国税)を徴収する今の税制(国)ってどうなんだろう?
 しかも “ 30万円もの医療費を支払った” にもかかわらず、源泉徴収税額(所得税)の一部しか還付されないってのは、国税と言うより “ 酷税 ” では無いだろうか?

 菅総理!どう思われますか?
 『 私はその辺はウトイものですから・・・』 ですか?

お~お! ヤッパリ   ・・・ つくしくん ・・・

 AM10:00、“ オープンカフェ雲水 ” で愚妻とお茶を飲んでいたのだが、あまりの陽気の良さに誘われて “ 仿僧川(ぼうそうがわ)提を散歩しよう!” という事に成った。
 コースの全長はおよそ4kmほどある。もちろん葵くんと茜ちゃんを伴ってのことなので、乳母車を押しての散歩となった。

20110223-3 拙僧が今日の散歩コースに仿僧川提を選んだのには訳がある。このブログを毎日チェックしてくれている人はもうお分りだ
ろうが、拙僧の目的は 『 つくし探し 』 だった。
 5日前の2/18に、仿僧川提で 『 つくし探し 』 をしたのだが
(関連ブログ2/18)、残念ながらその時は見つけることが出来なかった。
 普通 “ つくし ” と言えば3月中旬ころに見られるものだが、今年は花木(かぼく)の花芽(はなめ)の膨らみが早い
(関連ブログ2/5)ことから、拙僧には “ 近い内に絶対に顔を出す!” との確信があった。

20110223-2 仿僧川提に着くと、左岸提南法面(のりめん)の菜の花が、5日前とは比べものに成らないほど沢山咲いている。川面のあちこちでは、マガモだろうか(アイガモ?)、暖かな陽射しを楽しむかのようにゆっくりと泳いでいた。
 途中、拙僧たちと同じように、陽気に誘われて散歩をする人たちと行き逢う。


20110223-1 拙僧は “ つくし ” を探しながらゆっくりと歩いているため、葵くんと茜ちゃんを乳母車に乗せた愚妻は、ずっと先に行ってしまった。300mほど先を行く愚妻たちが仿僧川に架かる橋を渡り始める姿が見えた時、ついに拙僧は足元近くに “ ニョキニョキ ” と顔を出した数本の “ つくし ” を見つけることが出来た。
 『 お~お! ヤッパリ出ていたか “ つくし ”くん!! 』 すぐに写真におさめた。

♪♪ つくしの子が恥ずかしげに 顔を出しますぅ~♪♪
 ♪♪ もうすぐ春ですねえ ちょっと気どってみませんかぁ~ ♪♪
  気が付けば拙僧は、キャンディーズの “春一番” を口ずさんでいた。
プロフィールでござる

雲水

アクセス数でござる
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ いつも有難うございます ☆
・・・・・ SINCE 2010/3/25 ・・・・・

記事(単語)検索でござる
月別表示でござる
カテゴリ別表示でござる