きょうは2003年に 日本コナモン協会(HPにリンク)が制定した、「コナモンの日」 なのだそうで・・・。

 コレもご多分に漏れず、5月7日の “語呂合わせ” が制定根拠(根拠はチョット大袈裟かな?)である。
 そして制定の目的は、「たこ焼き・お好み焼き・うどん等、粉を使った食品 ”コナモン“ の魅力を PR する」 ことなのだそうだ。

DSC02030

 拙僧が “コナモン” という “語” を初めて聞いたのは7年前の京都
 芸能人が良く通うという、大徳寺近くにある有名なお好み焼き店のご主人から聞いたのが初めてだった。
 「 “粉物” を “コナモン” と擬人化して?呼ぶのは(アメちゃんみたいに)、如何にも関西(京都の人は “私らは関西じゃない” って言うかも?)らしいな」 と言うのがその時の拙僧の感想だった。
 そしてそのお店の “コナモン” の美味しさに惹かれ、その後も何度か通うことに成る。

 そのお店の味を知ったことで、拙僧のそれまでの “コナモン” に対する “想い” が変わったのだ。

DSC02034
DSC02035
DSC02036
DSC02039
DSC02040
【 画像は全て “そのお店” で撮ったもの。】

 たかが “コナモン” 、 されど “コナモン” 。
 こだわれば、ココまで極められるんだなぁ・・・。
 そのお店の “コナモン” は、洋食と言える代物だったのである。

  “コナモン好き” の拙僧が、 

  “コナモン の日” にちなみ、 


  “コナモンの記事” を。 m(__)m