当地は今月の6日から一昨日(7/11)までは雨が全く降らなかった。
 その間の天気図を毎日拙僧は見ており、11日には前線が大陸に架かり掛けていたのを見て、“そろそろ当地は梅雨明けかな?” と思ったのだが・・・、

キャプチャ1
【 11日・12日・13日の天気図 】

 それはどうも拙僧の “早とちり” だったようで、12日には前線が日本海沿岸まで下がり、更に13日には近畿辺りにまで下がり込んでしまった。
 その結果、12日の当地には時間最大雨量 35.5mmの大雨が。この日は一日の総雨量が 39.0mmだったことから、その時だけ短時間に大雨が降ったことになる。
 そして今朝も強い雨の音で目が覚めた。
 さいわい、今日も昨日も降り続く雨ではなく、短時間降っては止み、しばらくしてまた短時間降っては止むといった降り方なので、“雨の降っていない時間” の方が圧倒的に長い。

3
【 雨上がりの松葉ボタンって、可憐ですよ。】

 さきほど、雨の後に外に出てみた。
 愚妻が育てているカサブランカが開花していた。
 蕾も沢山着けているので、これから数週間が見頃だろう。

2
1
【 今年も、愚妻が大切に育てているカサブランカが開花 】

 梅雨が明けたあとの、真夏の陽の下で咲かせてあげたいなぁ。
 花の色が、もっともっと綺麗に冴えるからね。

 盛夏の花が開花し始めた。 
 ということは、まもなく梅雨開けだろう。 

 もうすぐだぞ! “夏 2017” 。