きょうは8月の12日。
 今年の暦 (72候) では、きょうから五日間(~16日)を 『寒蝉鳴く(ひぐらし なく)』 季節としている。
 “ひぐらし” は、山間部では7月には鳴くようだが、沿岸部の平地である当地ではまだ少し先のこと。 
 8 月も終わろうとする頃の夕暮れに、前日までの湿った風とは打って変わった涼風(秋風)が “ス~ッ” と吹き抜ける日(時季)が突然現れるが、この頃が、当地では “ひぐらしの鳴く季節” となる。 

 
【 “ひぐらし” の鳴き声って、涼感と共に、“物悲しさ” も感じませんか?  】

 なので、当地にとっての 『寒蝉鳴く(ひぐらし なく)』 季節はもう少し先のことで、拙僧には “ひぐらしの鳴き声” は、「夏の終わり、秋の訪れ」 を感じさせるものと成っている。

 さぁ、明日からは盆行事が。忙しくなるぞ。 
 夏の暑さも最盛期となる。もう一頑張り! ってとこだね。 
 でも “もう少し” だよ。 


 やがてあの “ひぐらし” の声が、 
 涼感と共に。