家族と雲水

 拙僧、周りからは “酔いどれ雲水” とも、“平成のスーダラ雲水” とも言われている極めていいかげんな修行僧?でござる。
  「何を修行しているの?」って?  ん~ん ・・・、  えぇ~と・・・、  まぁ~・・・、  いろいろでござる。
 とにかくあんな話、こんな話、いろんな話を記してみようと思ってござる。
                                       _/_/_/_/_/ 2010/3/25 【雲水】 _/_/_/_/_/

この牛に乗って   ・・・ 盆の送り火 ・・・

 今年の “盆の送り火” は、生憎の雨に成ってしまった。
 例年なら、早朝に拙僧夫婦が拙家のお墓のある共同墓地に行き、“送り火” を焚いてご先祖様たちをお送りするのだが、今年からは長男夫婦に任せることにした。
送り火
【 朝陽が昇り始めて間もない時刻だが、既に大勢の人たちが “送り火” を。2013年の様子 】

 このように、家単位で行う 「家(いえ)の盆の送り火」に対し、(地域など)共同体として大掛かりに行う 「村(むら)の盆の送り火」 がある。
 かつては雲水庵の在る地域でも、初盆を迎えた家々が灯篭舟を作り、太田川に一堂に会して灯篭舟を流す 「村(むら)の盆の送り火」 が行われていた。 

 この 「村(むら)の盆の送り火」 は全国各地で様々な形で行われているが、なかでも京都の “五山の送り火” や、長崎の “精霊流し” などが有名である。

 で、京都の “五山の送り火” だが、それぞれの山(文字や形)ごとに点火時間が5分刻みでズレていることをご存知だろうか?

五山
【 画像は京都市観光協会のサイトより 】

 ご覧のように、最初の大文字の「大」の点火から五つ目の 「鳥居形」 の点火までには20分間の時間差がある。
 はたして、最初の「大」はどの程度の時間燃えているのか?
 五つの山の火が、目視できる程度に同時に燃えている時間はどの程度の時間なのか?
 それよりも何よりも、五山を一望できるポイントは在るんだろうか?
 *「京都駅ビル空中経路(抽選)」が五山を一望できるらしい。]

【 2014年の “五山の送り火” の動画です。 】

 拙僧は “五山の送り火” を観たことは無く、今年も観に行く予定は無いものの、今夜の京都の天気はどうだろう?と天気予報を調べてみた。
 結果は “曇り”
 雨は無いようなので、今夜は間違いなく “五山の送り火” が・・・。

 いまや動画の世界は、4Kだとか8Kだとか、高解像度が主流になろうとしている時代だ。
 しかも高性能なドローンもたくさんある。
 そろそろ今夜あたりどこかのTV局が、五山を一望できるポイントにドローンを飛ばしてライブ中継をしてくれても良さそうなものだが・・・。

 ところで今年の拙僧は、
 “五山の送り火” をどうのこうのと言っている場合では無かった。
 長男夫婦は、間違いなく拙家のご先祖様たちをお送りしてくれただろうか?

 荷物をたくさん背負える力持ちの 「牛さん」 に、 
 お土産をたくさん積んであげ、 


 この牛に乗って “ごゆっくりお帰り下さい” と。 

なにせ拙家は   ・・・ 盆行事 ・・・

 当地では、きのう13日は “迎え盆”
 今年の “迎え盆” は日曜日だったこともあり、拙家では家族全員(夫婦・子供達・孫達)が揃って “迎え盆” のお墓参りに。
 昨年の10月に “孫クンⅢ” が誕生したので、今年の “迎え盆” は総勢13名のお墓参りだった。

お墓参り
【 墓地のお地蔵さんに “お水” をかける孫クンⅡと、水かけの順番を待つ孫チャンⅠとⅡ 】

 そして今日はお盆の二日目。 
 家に帰って来られたご先祖様たちに、 
 “ゆっくり” とくつろいで頂きたいのだが・・・、 


 なにせ拙家は、 
 騒々しくて。 ヾ(=^▽^=)ノ 

心の具現だね   ・・・ 盆 ・・・

 当地はきょうから “盆”
 本来 “盆” 旧暦の7月13日からだったが、明治の改暦後は多くの地域で8月13日(月遅れ)から行われるようになり、当地も8月に行われるように。
小坊主合掌

 盆行事は、全国的にそれぞれの地域でそれぞれの盆行事(習慣)が行われていて、日本の文化の中でも “最も土着性の強い行事” と言えるのではないだろうか。
迎え火
【 迎え火。 この年は風が強かったので植木鉢で。 】

 さてと、今年も “迎え火” を焚いてご先祖様たちをお迎えし、 
 新盆のお宅への “盆義理” に廻る支度をしよう。 
 そして今夜は、家族揃って御先祖様たちと酒食で・・・。 

 “盆” と “正月” 、 
 日本人の心の具現だね。 

のだが   ・・・ 施餓鬼 ・・・

 きょうは雲水庵の “施餓鬼” の日。
 施餓鬼とは、生前の悪行により餓鬼道に落とされ、常に飢えと乾きに苦しんでいる霊たちに食べ物や飲み物などを施す “盆行事” のことである。
 お盆に御先祖様たちの供養を行うのと同時に、餓鬼の供養も行ない徳を積むことで、自分たちにも仏の救いがあるとする、仏教の教えに基づいた行事だ。

施餓鬼
【 現代では簡易的に成ってしまった施餓鬼棚 】

 朝の五時に起きて仏間の片づけと掃除をし、
 現代では簡易に成ってしまった “施餓鬼棚” を設置する。
 続いて “餓鬼” に施す料理作り、
 その料理とともに果物やお菓子、お茶などを備える。

 朝八時少し前、菩提寺の住職が雲水庵に到着。
 施餓鬼棚にお経をあげて施餓鬼の開始。

 拙僧、今年も多くの餓鬼を供養して徳を積み、 
 来世でも餓鬼道に落とされることなく、 


 “酒食” を楽しみたいのだが・・・。 m(__)m  

備えないと   ・・・ 台風5号と、 ・・・

 気になる台風5号の進路だが・・・、
 台風5号の今朝までの軌跡を見ると、進路がそれまでの予想よりも徐々に北寄りに成ってきているところが心配なところだ。
 今後の進路予想次第では、拙僧の行動(予定)がかなり変わってくる。
 いよいよ今日あたりからは、進路予想に “要注意” である。

20170803_082346
【 今朝 8時の進路予想 *ウェザーニュース画面をキャプチャー 】

 で、きょうの雲水庵だが、
 孫クンⅠと孫チャンⅠが夏休み合宿を。
 今のところ夏休みの宿題をやっているが、そろそろ “飽く” 時間。

DSC_0147-2
【 今のところは・・・ 】

 さてと、そろそろ喧しくなるころだぞ。 
 ブログもこの辺で “手抜き” にして、彼らに備えないと・・・。 


 午後は孫クンⅡとⅢも、合宿に加わるし。 (^_^)ニコニコ 

コリャ逃げるわな   ・・・ アマガエル ・・・

 先月の終盤辺りから、雲水庵の玄関脇にあるプランターの植え込みの中に “アマガエル” が棲みついている。
 日中は、捕食の為か?三段或るフラワースタンドのそれぞれの段のプランターを行き来することもあるが、朝夕は必ず最上段にいる。
 フラワースタンドの最上段は、この時季は玄関の庇(ひさし)で一日中日陰になっているうえに、朝夕は水遣りを欠かさずにしていることから、アマガエルにとっては適度な水分が確保されていて棲み易いのだろう。
アマガエル
【 青蛙ぱつちり金の瞼かな  (川端茅舎:かわばた ぼうしゃ) 】

 拙僧は毎朝起きてすぐに、フラワースタンド脇に置いてある椅子に腰掛けて空や周囲の様子を眺めるのが日課となっているので、最近は毎朝アマガエルと “お会い” していたのだが・・・。

 “いないなぁ~・・・”。
 今朝はいつものところにアマガエルがいない。
 フラワースタンドの周りを探したが見つからない。
 愚妻も一緒になって探してくれたが見つからなかった。

 すると愚妻が、「昨日で “懲りて” どこかへ逃げちゃったかな?」 と一言。
 「昨日何かあったの?」 と訊くと、愚妻がスマホの画像や動画を観せてくれた。

DSC_0310
DSC_0312
【 きのう孫チャン二人が、アマガエルを捕まえて遊んでいた。 】

 なるほど、コリャ逃げるわな。 
 ナニセあの二人のお嬢たちは、 

 ハード過ぎる。('A`|||)  

こればかりは   ・・・ TV ・・・

 “孫チャンⅡ(3歳)” が一昨日から “手足口病” に。
 保育園には預けられないので、きょうは雲水庵で静養して(遊んで)いる。
 発熱は通り越したあとなので、普段どおりの “元気印” だ。
 それはそれで結構なことなのだが・・・、
 一台しかない雲水庵のTVは “アニメ専用TV” に成ってしまった。

DSC_0143

 しかしあと1時間足らずで、 
 「やすらぎの郷」 が始まる。 
 たとえ “孫チャンⅡ” が泣こうが喚(わめ)こうが、 

 愚妻も拙僧もこればかりは、 
 絶対に譲れん! 

愚妻が   ・・・ スイッチ&スプラトゥーン2セット ・・・

 きのうのブログの続編である。
 龍神様だったのか?それとも oys ”R” Us (トイザラス)・APAN様だったのかは別として、一昨夕の雲にお願いした 「スイッチ&スプラトゥーン2セット」 の抽選販売に・・・、
 見事当選! \(^o^)/

 あの雲は、やはり何かの霊体だったのかな?
 僅かの10名枠に、ナント抽選会場には300人以上が。
 ほとんど諦めていた “当選” だったが、愚妻が見事に当選した。
 スウィッチ&スプラトゥーン2セット
【 まさか発売当日にGetできたなんて・・・。やっぱりあの雲は・・・ 】

スイッチ&スプラトゥーン2セット-2
【 早速開梱して設定を。 そして “孫クンⅠ” の誕生日プレゼントに。】

 それにしても、いつもそうだがこの手の商品が発売されるときは “超品薄状態” だ。
 その結果、“〇〇狩り” などという犯罪があちこちで起きている。
 またネットでは、倍以上のプレミア値段で堂々と転売されている。
 コンサートチケットの転売は、アーティストたちが声をあげて “転売防止” が図られるようになった。

 この手の商品を開発・販売する企業は、世界が認める一流企業なのだから、 
 犯罪防止策や転売防止策を、国と共に考えても良さそうなものだが・・・、 


 残念だが、今だに・・・。 。゜(´Д`)゜。 

龍の形に似てるね   ・・・ T・J さまぁ~! ・・・

 昨夕の7時少し前のことである。
 愚妻が育てている植物たちに “水遣り” を済ませ、そのまま外で二人して、夕方の涼風に当たり涼んでいた。

 “そろそろ日の入か?” という時間なので、周囲はやや暗くなりかけ、西の空には夕焼けが。
 たぶん夕焼けの様子を観ていたのだろう、上(空)を観ていた愚妻が、
 「ねぇ、ねぇ、あの雲、おかしな形してるね」 と拙僧に。

 見上げると、沈む夕日に照らされた雲があった。
 上空にあるのはその雲だけだったので、すぐに判った。
 たしかにあまり見かけない、変わった形の雲だったが・・・。
 愚妻は拙僧に、「龍の形に似てるね!? 龍に見えない?」 と聞いてきた。
 拙僧は、「うん、そう思って見れば、そう見えなくもないなぁ」 と答えたが、
 本心は???
TJ-raw
【 龍の形に似てるね!? 龍に見えない? と愚妻は言うのだが・・・ 】

 まぁ、人それぞれだから、何に見えても結構だが・・・、
 拙僧にはアルファベットの 「T.J」 に見えて。
 「oys ”R” Us (トイザラス)・APAN 」

キャプチャ

 頼むぅ! 
 当選させてくれぇ!!! 


 T・J さまぁ~! m(__)m 

じきに 「夏」 だね   ・・・ こども園雲水 ・・・

 近所の友人との話で盛り上がり、昨夜は9時まで営業?した “居酒屋雲水”
 一夜明ければ、ノンビリとした時間が流れる “オープンカフェ雲水” に。
DSC03786-1
DSC03814-1
DSC03824-1

 それにしても、きょうは良い天気になったなぁ・・・、
 でも、その分メッチャ暑いじゃん。 (≡ω≡.)
 天気予報によれば、今週から来週の中盤にかけて天気は不安定なようだが、当地のきょうの気配では、もうじき梅雨が明けそうな・・・。

DSC03813-1
DSC03833-1

 じきに夏か・・・。
 そう、じきに 「夏」 だね。

 あっ、忘れてた!
 夏休み前に、“こども園雲水” のオープンを準備をしなくちゃ。
 ビニールプールは何所にしまったっけ?
 水鉄砲は?
 虫取り網は?は?
 花火も買っておかないと・・・。

 じきに夏休みか・・・。 
 そう、じきに 「夏休み」 だね。 


 楽しみだなぁ。 (⌒∇⌒) 

“孫チャンⅡ” がいる   ・・・ 手縫い教室 ・・・

 昨年は雲水庵で “ミシン合宿(リンクあり)” をした “孫チャンⅠ” だったが、今年は “何としたか?” 昨日から “手縫い教室” に雲水庵に通って来ている。
DSC03809-1
 講師はミシンのとき同様に愚妻だ。
 作ろうとしている物(作品)は “ポポちゃんのバッグ”
 彼女も小学2年生になって、昨年よりは細かな作業ができるようになったようだ。
 拙僧から見れば、“思ったより綺麗に運針してるジャン” と思うのだが・・・、
 講師のダメ出しが随所で飛ぶ。

DSC03807-1

 ようやく、彼女的に満足行く作品が仕上がったようだが・・・、 
 彼女には、妹の “孫チャンⅡ(3歳)” がいる。 
 “孫チャンⅡ” の、物の扱い方はかなりハードである。 

 たぶん今週末の雲水庵は、 
 “リフォーム教室” を開講することに。 

かのようである   ・・・ 全員集合 ・・・

 きょうは午前中に(偶然にも)孫が全員集合
 突然の事だったので、雲水庵は “嬉しい悲鳴”
 この時季、“手っ取り早く出来る昼食” となれば、ソーメン
 「天気が良いから外のテントで昼食を」 と言うことになった。
ソーメン
【 ソーメンはすぐに無くなり、一回目の追加。結局二回の追加を。 】

 普段は沢山食べる孫達ではないが、
 全員が揃ったのと、テントでの昼食なので、気分も食欲もかなり高揚気味
 愚妻の茹でるソーメンが、彼らの箸のスピードに間に合わない。

 天気は快晴。 
 外気温(13時30分現在)29.8℃。 
 孫たちの歓声 “大”。 


 きょうの雲水庵はまるで、 
 “梅雨明けした” かのようである。 

そして今   ・・・ 顔 ・・・

 朝食を済ませ、そとで花に水遣りをしていた愚妻が、
「ねぇねぇ、チョットチョット」 と拙僧を呼びに “驚き顔” で。
 聞けば、外に得体の知れない物がいるとのこと。
 “なんだろう?” とそとに出て観て見ると、モグラだった。
 愚妻は写真などでモグラを知ってはいても、
実物を観るのは初めてだったらしい。

モグラ
【 拙僧がモグラを観るのは、多分50年以上振り? 珍しいので撮影。 】

 「モグラって、カワイイ顔してるね!」 と、愚妻は暫しモグラを見つめて “ユルユル顔” に。
ハッと我にかえり、「これ(モグラ)って、どうすればいいの?」 と “困り顔” に。
 モグラは害獣なので、“あとで市役所にお願いして引き取ってもらうつもり” であることを伝えると “安心顔” に。

 そこで拙僧が家に入ろうとすると、
 「あのねぇ、チビッ子のアマガエルもいるから観て!」 と “フワフワ顔” に。

アマガエル
【 ネッ!そうでしょ!! 】

 物干し台に案内され、愚妻の指さす先を観ると一円玉ほどの大きさのアマガエルが。
 カエルに近づき覗き込んだ拙僧が、“お~っ、このチビガエル可愛いジャン” と愚妻の顔を見上げると、“ネッ!そうでしょ!!” と言わんばかりの “得意顔” に。

 そして今、午前11時。
 雲水庵には “孫チャンⅡ” が遊びに来ている。 
 愚妻の顔は “ニコニコ顔” に。 

 アッそうそう、 
 もちろん拙僧の顔もね。  (´▽`) 

今夜あたりから   ・・・ 花の苗 ・・・

 当地は “空梅雨(からつゆ)” が続いていて、雲水庵の畑も花壇も土がカチカチに。
 そんな好天?が続いている昨夜、長女から愚妻にメールが。
 “あした〇〇の駐車場で、花の苗を一本50円で売るよ!”

 今朝、愚妻は急いで家事を済せ、車で〇〇の駐車場へ走った。
 出掛けてから一時間ほどで戻った愚妻は、すぐに “野良着(のらぎ)” に着替え、カチカチの花壇を耕しだした。
 今までなら作業を手伝う拙僧だが、最近は腰の具合が宜しくないので “がんばれ~!” とエールを。

 何の花の苗を買って来たんだろう?と拙僧がパレットを観ると、
 マリーゴールド、ケイトウ、ポーチュラカの三種類、24苗が。
 “うわ~、easy. standard. 変わり映えが・・・” と声には出さず呟く。

DSC03726
【 先程愚妻が買って来た花の苗 】

 畑の耕運に疲れた愚妻は、今、“オープンカフェ雲水” で休憩中
 このペースだと、植え終わって水遣りまで済ますと日没か?

DSC03731
【 休憩中です 】


 それにしても、この空梅雨の空の下 
 苗がうまく着くか心配である。 
 いい加減に雨が欲しい頃だが・・・。 


 多分、今夜あたりから愚妻は、 
 雨乞いのシャーマンと化す。 

一か月かけて   ・・・ 夏休み ・・・

 ふ~ん・・・、
 京都水族館が “スプラトゥーン2(Nintendo Switch)” とのコラボ企画(詳細にリンク)を開催かぁ・・・。
キャプチャ
【 京都水族館の HP(TOP)をキャプチャー 】

 孫クン(小4)も孫チャン(小2)も、Nintendo のファンでユーザーだったなぁ。
 それに二人とも水族館が大好きだし、
 しかも開催期間はバッチリと夏休みに合わせてあるし・・・。

DSC04530
【 京都水族館での孫クンと孫チャンと拙僧(どこ?)。 2014/8  】

 でも、京都の夏は “特殊な暑さ?” でバテるからなぁ~、 
 しかし夜の “川床” や “納涼床” は魅力あるなぁ。 
 どうしよう? 


 迷うなぁ・・・、まぁイイや、 
 一か月かけて、ゆっくり考えよう。 

じゃないかも知れない?   ・・・ ◯◯券 ・・・

 今年は、来月の18日(日)が “父の日” である。
 その “父の日” を前に、まるで電子化前の株券のように精巧なデザインの “肩たたき券” が、ネットで話題になっている。
 どのくらい精巧か?と言うと、下の画像(Twitter)のとおりだ。

キャプチャ
 御覧のように、セブンイレブンのネットプリントサービス(有料)で、印刷出力ができるということだ。

 100回分の “肩たたき券” か・・・。
 それにしても、“たたき券” だけに作りが “凝ってる” なぁ。
 でも、日頃 “肩身の狭い” 思いをしている “窓際族” が、たとえ冗談にしても上司からこれを貰ったら、さぞかし “肩を落とす” ことだろうなぁ・・・。
 重い責任が “肩にかかる” 現役を既に退いた拙僧には、 “窓際族” の心配は無い。
 しかし、いまだに “地域づくり活動” に “肩入れ” し(させられ?)、“肩肘を張って” 生きているので結構疲れる。
 しかし本来拙僧は、社会活動家の人たちと “肩を並べて” 活動する程の高い意識や知識を持っている人間では無いので、そのような活動からも退き、一刻も早く “肩の荷” を下ろしたいところだ。
 そんな “肩に力の入った” 毎日を送っている拙僧としては、この券を数枚欲しいところだが、子供たちは全員 over30 なので今更 “肩たたき券” もないだろう。
 若し、くれたとしても単なるシャレに終わり、“肩透かし” をくらうのが関の山だ。

 でも・・・、そんな冗談を言っている場合じゃないかも知れない? 
 そろそろ今年あたりは愚妻が拙僧に、 


 “100叩き券” を用意・・・していそうで。('A`|||) 

拙僧の方が   ・・・ 豚足煮 ・・・

 愚妻が百貨店の物産展で買って来てくれた “豚足煮(醤油)”
 お店(製造販売者)の名称からネットで調べてみると、有名通販サイトでの販売や、大都市をはじめ全国各地のデパートで行われる物産展に赴き、出張販売をしている会社だった。
 本拠地(地元)では、お店も構えているらしい。
 TV でも何度か紹介されていることも判った。
 そのアクティブな営業展開に、“有名なお店みたいじゃん・・・、きっと美味しく煮てある豚足なんだろうなぁ・・・” と、拙僧の期待は “イヤでも” 膨らんだ。

豚足煮
【 色を見れば充分に味が染みているように思えたが。 とにかく煮込みが足りない。】

 やがて晩酌が始まり、最初に、待ってましたとばかりに “豚足煮” にかぶりついた。
 “固っ!”
 拙僧が想像していた “豚足煮” は、トロットロッに煮込んであり、骨と身がポロッと離れ、身は口に入れると舌で切れるほどに柔らかい “豚足煮” だったが・・・、
 固くて腱や筋が歯にはさまる。

 食いちぎって口に入れ、噛んでも身に味が染みていない。
 仕方なく “味塩胡椒” を振り掛けて食した。

 これなら、拙僧が煮る “豚足煮” の方が絶対に美味い。
 食感も、味も、絶対に拙僧の方が良い。

 拙僧は商売で煮る訳じゃないので、原価・売価は関係ない。 
 煮込みにはニンニク、生姜、葱、お酒、ミリンなどを “ふんだんに” 使うし、 
 手間暇を充分に掛ける。 

 だから美味いよ~! 
 拙僧の煮た “豚足” 。 m(__)m 

夏が近づいて来たなぁ   ・・・ 猛暑日 ・・・

 昨日の午前中に、雲水庵の敷地内や接道、畑などにラウンドアップを散布した。
 僅か1時間足らずの作業だったにもかかわらず、かなり多量の汗が。
 汗をタオルで拭いつつ、「暑いなぁ、きょうは(気温が)今年最高かも?
 もちろん昨日ほどの汗を拙僧がかいたのは今年初めてで、シャワーでは物足りなく思い、作業を終えてすぐにお風呂に。
 「夏が近づいて来たなぁ・・・」

 お風呂から出ると間もなく、次女夫婦が “孫クンⅡ&Ⅲ” を連れて雲水庵に。
 「お~ぉ、坊主頭にしたのか!」
 孫二人の髪がバリカンで刈られ、クリクリ坊主に成っていた。
 「夏が近づいて来たなぁ・・・」

坊主
【 昨日の “孫クンⅡ” 】

坊主2
【 昨日の “孫クンⅢ” 】

 夕方になりTVニュースを観ていると、
 『群馬県館林市で気温が35.3度に達し、今年に入って全国初の猛暑日を記録しました』 と。

 “猛暑日か・・・、” 
 「夏が近づいて来たなぁ・・・」 


 まだ5月だというのに。 

だからこそ   ・・・ 若しかしたら ・・・

 きょう5月20日は 「世界計量記念日」 だそうで・・・。
 1875年のこの日に、フランスの提唱によって 「メートル条約」 が締結されたのを記念して制定されたのだそうだ。
 その 「世界計量記念日」 にちなんで、きょうは “計量” に関する記事を。

prd_000051_201412080420186623
【 きょうは 「世界計量記念日」 です 】

 もう30年ほど昔のことである。
 ある日拙僧は、こんな話を小耳にはさんだ。
 『あのスーパーの商品は表示より量が少なくて、組合の抜き打ち検査でいつも注意されるんだって』
 にわかには信じられない話であったが、幸い(不幸)?に、拙家ではそのスーパーを利用していたので、拙僧は愚妻が買ってきた惣菜や生鮮食材の重量を計量してみた。
 その結果は、“見事に全て” 表示より少なかったのである。
 その後にも、計量するたびに毎回、ほとんどの物が表示より1割前後少なかった
 ようするに、常習行為だったのだ。

da9555a081e5e2b9466fccc45ce9813e
【 普通は表示を信じるよね。この画像は、記事とは全く関係ありません 】

 その内に、ある日そのスーパーでの買い物から帰った愚妻が、
 「あれ、この商品安くなってないジャン・・・、あっコレも、・・・ええっコレもだ・・・」
 レジシートを見ながら愚妻が言うには、新聞の折込チラシの特価ではなく、平常価格で精算されていると言うのだ。
 大雑把な性格の愚妻なのでそのような細かな習慣(チェック)は全く無かったのだが、偶然にも “ひょん” なことからそれを発見した。
 愚妻と拙僧がレシートと広告を持って店に行き、レジ係に事情を伝えると、
 事は “重大” であるにもかかわらず、驚くことも無く、「あっ、スミマセン」 とスグにレジから小銭を出して返し、間違っているレシートも直さずに一緒に返してよこした。
 拙僧は店の出入り口から、その後しばらくそのレジのオバちゃんの行動を注視していたが、レジのお客は “ガラ空き状態” であるにもかかわらず、この “重大事” をレジの同僚に伝えることも、店長に知らせに走ることもしなかった。
 “レジのオバちゃん慣れてるな。 いつ頃からこのような実態が・・・???” 

4d36f6b45ebb4097167678532bb9990e-7
【 普通はレジシートの金額を信じるよね。この画像は、記事とは全く関係ありません
 
 このような事がその後も2回あったことから、拙家ではこのスーパーに “視切り” をつけた
 その後もそのような実態が続いたか?否か?は判らないが、拙家が “視切りをつけた” あと、間もなく(1~2年?)そのスーパーチェーンは倒産をした。

 消費者は、商品に “○○グラム” と書いてあればそれを信用してしまう。 
 レジでの精算金額も同じだ。 
 ところが現実には、上記のような実態が。 

 だから “計量記念日のきょう” くらいは、
 “計量” や精算チェックをしてみたらどうだろうか? 若しかしたら・・・。 

味わってくれたかな?   ・・・ 参加理由 ・・・

 きょうは “孫クンⅠ” が参加する 「わんぱく相撲磐田場所(地区大会)」 の日。
 彼は小学2年生のときからこの大会に参加していて、今年で3回目の参加となる。
 特別に “相撲が好き” という訳では無いようだし、拙僧は普段から、彼が練習(稽古)はおろか、友達との “遊び” の中でも相撲をとっている姿を見たことが無い。

 そんな彼が、どうして毎年この大会に参加を申し込むのか判らない。
 直接彼に訊いてみたことがあるが、明確には答えてくれなかった。
 両親に訊いても、「毎年(両親が)知らないうちに自分で申し込んでくる」 とのことで、親の勧めではないようだし、両親も参加理由が判らないようだ。

DSC03630-1-2
【  今年の大会の様子。当然画像は、 “孫クンⅠ” が勝った一番を。m(__)m 】

 愚妻の推測は、“(イベントに)参加する楽しみを味わっているんじゃないかな?” と。
 拙僧は、愚妻の推測に “それが正解かも知れない” と思う節がある。
 
初出場した大会(2015年:2年生)のときの彼の様子(関連記事にリンク)を思い出してみると、愚妻の言うことが当たっているのかも知れない。

 さきほど今年の大会が終了し、拙僧は会場から雲水庵に戻った。 
 今年の彼の成績は、2勝2敗で昨年同様 “予選敗退” 。 
 どうにか負け越しは免れた。 


 どうだったろう? 彼は今年も充分に、 
 “参加する楽しみ” を味わってくれたかな? 

違う!男子が   ・・・ 孫チャンⅠ ・・・

 “孫クンⅠ(小4・男児)” が、昨年・一昨年と参加している 「わんぱく相撲磐田場所(地区大会)」 に今年も参加するという。
 そのことが、孫たちが “雲水庵” に遊びに来たときに話題になった。

1
【 昨年の大会の様子。 投げを打っているのが “孫クンⅠ” 】

 愚妻が拙僧に、「○○君(孫クンⅠ)が今年も相撲大会に参加するんだって」 と話を振ってきた。
 拙僧は、「良いジャン良いジャン、頑張ってよ!」 と激励し、拙僧も応援に行くことを伝えて話は終わったかに思えたのだが・・・、

 一呼吸おいて、愚妻が話を続けた。
 愚妻は拙僧に、「○○チャン(孫チャンⅠ:小2・女児)も “参加すれば!” って勧めているのに、嫌なんだって・・・」 と再び話を振ってきた。

 確かにこの大会は女児も参加できて、人数は少ないものの女児が男児に混じって参加しているのを実際に観ている。ただし女児・男児の混合戦なので、女児は体力的に“不利” ではあるが・・・。
キャプチャ-2
【 今年の大会のHPより 】

 愚妻から話を振られた拙僧も、「うん、そうだよ~、○○チャンも参加すれば良いジャン!」 と彼女に言葉を掛けた。
 すると彼女は、「イヤだあぁ~」 との返事。
 続けて拙僧が、「相手は男子だから、負けたって良いジャン、出てみれば?」 と再度参加を勧めると、
 「そうじゃなくて! ハダカじゃん!!」 と、少し強い口調の返事が。
 ここで、彼女の口調に配慮して話を終えておけば良かったのだが・・・。

 それを聞いた愚妻と拙僧は、“彼女が、女子も裸で出ると誤解しているもの” と勘違いし、口を揃えて彼女に、「違うよ~、女の子はちゃんと服を着て良いんだよ」 と言ってしまった。
 ここで彼女の口から、かなり強い口調で “拙僧夫婦がデリカシーの欠如を反省させられる” 一言が。

 「違う!男子がハダカじゃん!!」 
 なるほど・・・、ゴメンナサイ。 
 “孫チャンⅠ” は拙僧夫婦が気付かない内に、 


 もう、 
 レディーに成っていたんだね。 (*´∇`*) ・m(__)m 

ハイ、凄いです   ・・・ 草取り ・・・

 朝の7時30分に玄関のチャイムが。
 拙僧は食事中だったので愚妻が玄関に。
 すると長男が三人の子供たちを連れて、
 「畑の草取りに来ました!」 と。
 拙僧の左鎖骨には、まだ補強用の金属プレートが入っていて、草刈り機のベルトが左鎖骨に掛かることから躊躇し、草刈りを “延ばし延ばし” にしている内に畑が “草だらけ” に成ってしまったのだが・・・。

DSC_0101
【 君たちオハヨー! きょうはありがとうね! 】

 たぶん長男が畑の草を見るに見かねて、今朝の “親子奉仕作業” と成ったのだろう。
 拙僧は急いで朝食を済ませて外へ。
 「君たちオハヨー! きょうはありがとうね!
 「ジイジ、オハヨー。草、凄いね!
 「ハイ、凄いです。(≡ω≡.)」

 きょうは 5月 5日の 「子供の日」。  

 お駄賃を、 


  はずま なくっちゃ。(′∀`) 

冗談だよ!   ・・・ ぷっちょ ・・・

 いつもなら事前に電話をくれてから来訪する次女が、朝、突然雲水庵に。
 聞けば、用事を済ませる途中で “チョット寄っただけ” だという。
 実はその “チョット” が、拙僧には結構 “ウケ” た。

 その “チョット” であるが、次女が 「こんなの見つけたからお父さん(拙僧)に」と、小さな袋を差し出した。
 その袋が下の画像である。

DSC_0099-1-1
 あの銘酒 「獺祭 “酒粕” 」 とコラボした “UHA味覚糖” の 「ぷっちょ」 だ。
 冗談好きの次女らしいプレゼントだ。
 “獺祭純米大吟醸の酒粕” と謳ってはいるが・・・どんな味が???

1
 早速開封して一粒口の中へ。
 “???、・・・、かすかに酒粕の香りはするなぁ・・・”
 “ああ、米糠(ぬか)の味と香りも・・・”
 “ええっ!この度を超えた “甘味” はナンだ!”
  “UHA味覚糖” の既存商品にはない “ねっとりとした甘さ”  だ。
 例えて言えば、ヨーロッパ産の “超甘ヌガー” に “濃口みりん” を入れて、更に “甘さとねっとり感” を増幅させた感じ???

 甘党の人にはコレはウケるんじゃないかなぁ?
 でも拙僧は辛党だから・・・、
 くれた次女には申し訳ないが、次回は “獺祭純米大吟醸の酒粕” ではなくて、“液体” で欲しいんだが・・・。
 うそうそ、冗談、冗談、冗談だよ!
 大丈夫、 “獺祭純米大吟醸” の “二割三分(300ml)” なら、
 酒冷庫に二本ストックがあるから・・・。

 でも、“磨き その先へ” のストックは無いなぁ・・・、 
 たしかお値段は税込みで、 


 32,400円/720ml だったかな。ε=ε=(;´Д`) 

雲水庵にいる内に   ・・・ イチゴ ・・・

 きょうは朝から “孫チャンⅡ” が雲水庵に。
 来てすぐに、“ジイジ、イチゴきれいだね。大きく成ったね!” と、玄関脇で愚妻が育てているイチゴに話題を集中。なかなか雲水庵に入ろうとはしない。
 既に “味を占めている” 彼女は、雲水庵に来るたびにイチゴの生育状況をチェックしていて、
 “多分きょうは食べれるぞ!” と踏んできたようだ。

DSC_0109
【  バアバァ、洗って食べよっ。虫さんに食べられちゃうよ。((=゜エ゜=)) 】

 きょう彼女が雲水庵にいる内に、 
 まちがいなくこのイチゴは・・・、 

 彼女のお腹の中に。 (^∀^) 

あんなに偉い哲学者でも   ・・・ ソクラテス ・・・

 暦を見ると、きょうは 「哲学の日」 だそうで・・・。
 どうしてきょうが?と読み進めると、
 紀元前399年のこの日、ギリシアの哲学者ソクラテスが時の権力者から死刑宣告を受け、「悪法も法なり」 と言って
毒を飲み獄中死した日だからだそうだ。
1
【 ソクラテスの胸像 】

 そこに至るまでの経緯は皆さんご存じのとおり、「ソクラテス以上の賢者はいない」 という “アポロンの信託” に反証するために、当時 “賢者” と言われている人たちを “片っ端から” 訪ねて会話を重ねていく内に、彼らの愚かさ (無自覚の無知) から、「無知の知」 という “自覚の無知” を知ることの大切さを悟る。やがて彼はそのことを説く “実証実験?” をライフワークとして位置付け活動するが、この活動が当時の “賢者” と言われて(思って)いる人たちから反感を買い、投獄されることに。

 「無知の知」。
 知っている言葉ではあるが、いつも拙僧は「無自覚の無知」 状態
 まぁ、「“無知の知” という言葉を知っている」 だけで良し!としよう。 φ(.. )

 ところで、きょうの暦には 「哲学の日」 以外にも、“別の日” が定められていた。
 ナント、「悪妻の日」
 その理由は、「ソクラテスの妻が “悪妻として有名” であることから」 だと。

 へぇ~、あんなに偉い哲学者でも、 
 女性の性格は見抜けなかったんだね・・・? 


 じゃあ、大したもんだぜ、拙僧は。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ 

コイツも   ・・・ お話相手 ・・・

 きょうは本宅に戻って “孫たち” の面倒をみることに。
 普通なら、保育園や小学校に通っているので午後から本宅に戻れば良いのだが、“孫ちゃんⅡ(3歳)” が発熱して保育園を休んでいることから朝から本宅に。
 拙僧の今日の予定は、作業が途中になっているエクセルの “会計決算書” 作りを進めることだったので、ノートPC持参で本宅に戻っている。
 現金出納帳に収支状況を打ち込むことで、常にその時点での “決算諸表” が出力できるようなシステムを作るつもりで先月末から組み始めたものだ。
 当然そのような “やっかい” なシステムはマクロを組んで作る。
 となると、それなりの “集中力” が必要となるのだが・・・。

1-1

 先ほどからずっと、御覧のとおり “孫ちゃんⅡ” が拙僧の “お話相手” になってくれている。

 作業はコイツが “お昼寝” してからだな・・・、 
 それまでは、もう少しコイツとお話をして、 
 少し頭を休めることにしよう。 


 でも、コイツのお話も随分マクロで、 
 けっこう頭が疲れるが・・・。 (*´∇`*)  

となると   ・・・ 面白いオモチャ ・・・

 “見たことのないものを発見する動画ショッピングサイト” を謳う、「DISCOVER」 というサイトがある。
 そこで運悪く?見つけてしまった面白いオモチャ
 その名は 「PowerUp 3.0」
 これは、自作の紙飛行機をスマートフォンで遠隔操作できるオモチャである。
 まずは YouTube にアップされている 「PowerUp 3.0」 の紹介動画を御覧下され。

 ご覧のように、クリップとプロペラ部分をカーボンフレームでつないだ細長い構造のものを、好きな用紙で折った紙飛行機に取り付け、スマートフォンのアプリで操作するものだ。
 しかも、「単なる紙飛行機を “鼻で笑う” 特権付」 だそう。(゚∀゚)アヒャヒャ
 使用方法についての詳細はこちらをクリックすると当該サイトに飛ぶので、そちらで御覧下され。 

 拙僧の “孫クンⅠ” は既に “ラジコンヘリ” を操縦するレベルなので、コレには多分興味を示さないだろうが、“孫クンⅡ(3歳)” には良いかも?

 でもなぁ~アイツ・・・、 
 いまは “戦隊シリーズ” に 
 “ガチ” ハマっているからなぁ・・・、ε=ε=(;´Д`) 


 となると、 
 欲しいのは拙僧だけかぁ ⤴?  φ(.. ) 

お見通し   ・・・ 月の自転・公転 ・・・

 きょう NET で、
 『 フジテレビ 「世界の何だコレ!?ミステリー」 の中で、「月の裏側が地球から見られない理由」 について、「月は自転をしないため」 と説明するカットがあり、インターネット上で  「ちょっと待て」  「調べてから放送してほしい」 といった指摘が相次いでいます。』
 という記事を読んだ。

 そこで、拙僧なりに下のような図を作ってみた。
 もちろん、記事にするために。

正

 上の図を参考に、以下の記事をお読み下され。m(__)m
 フジテレビが言うように、「月は自転をしない」 と言う場合のイメージが、黄色の矢印である。
 月が “自転をしない” で公転しているとすれば、常時、宇宙空間の同じ方向を向いて公転していると言うことであり、黄色の矢印のように地球から観ている我々は “全ての面” を観ることが出来るはずである。

 一方、月が “自転している” と言うイメージが、赤色の矢印だ。
 月が地球の我々に “常に同じ面を見せている” と言うことは、矢印の先が常に地球を向いているということである。
 そこで、赤い矢印の向きを観て下され。
 上、下、左、右と、それぞれ異なる方向を指している。
 もうお解りだと思うが、矢印の先が常に地球を向いているということは、“矢印が回転をしている” のである。
 要するに、月は自転していると言うことなのだ。

キャプチャ
【 月は自転しています。フジテレビは、既に謝罪・訂正をしました。 】

 ただし、月が地球の我々に “常に同じ面を見せる” 為には、“自転している” 以外に ”もう一つ重要な条件がある。
 それは、“月の自転と公転が同一周期(27.32日)” であると言うことだ。
 もしこれが僅かにでも異なっていたら、月は我々に “日々違った顔をみせる” ことに成ってしまう。

 ところで、
 拙僧も以前は同一周期で自転・公転をしながら “愚妻の周り” を回っていたが、 
 最近は歳のせいか?エネルギーを失い、自転を止めてしまった。 


 なので愚妻には、 
 拙僧の全てが “お見通し” に・・・。 。゜゜(´□`。)°゜。 

歳のせい?   ・・・  “寒(かん)” が寒すぎる ・・・

 冷え込んだなぁ・・・。
 もう3月も26日だというのに、
AM9時現在の外気温が8.5℃だって。
 先ほど用事で出かけた折に拙家に寄ってみると、
 拙家の前の道路で孫たちが父親と遊んでいた。
 そのときの彼らの服装は “冬” そのもの。
 父親はダウンベストを着、
 “孫チャンⅡ” はフードをかぶって遊んでいた。

DSC_0143-1-1
【 服装は “冬” そのもの 】

 “春めいたな” と思うとすぐに寒い日がやってくる。 
 “三寒四温” と言うけど、今年の春は “寒” と “温” の差が激しすぎる。 
 特に “寒” が寒すぎる。 


 拙僧はそう感じているのだが・・・、 
 これって、拙僧の歳のせい? 

大人なら ・・・ 雨天対策 ・・・

 孫たちが春休みに入り、毎朝 “カアカ” が出勤前に孫たちを雲水庵に送ってくる。
 天気の良い日は “何かと” 外で遊べるので特に問題はないのだが、
 きょうのように朝から雨が降り続いていると少々問題が。
 遊び盛りの子供たちに “家で遊びなさい” と言っても・・・、
 無理だよねぇ~・・・。 (≡ω≡.)

 そこで先ほど “ツタヤ” へ連れて行き、
 「観たいものを探しなさい」 とやってみた。
 孫たちは二人で計5枚の DVD と BL を。

DSC_0141-1-1
【 次は本を買って与えようと思うのだが、はたして効果は・・・? 】

 今は雲水庵に戻り、おとなしく観ているけど、 
 その内に多分・・・。 φ(.. )  
 う~ん。早めに幾つかの雨天対策を考えないと。 

 大人なら “雨を口実” に、 
 早目に吞み出せば良いだけのことなのだが・・・。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ 

もう23年かぁ   ・・・ 彼岸と此岸(しがん) ・・・

 きょうは拙僧の母親の23回忌の法要を行う。
 拙僧は今からシャワーを浴びて、雲水庵から拙宅へと移動する。
 早いなぁ・・・、もう23年かぁ・・・。

*UNSUI 座禅小坊主

 女手ひとつで苦労して拙僧を育ててくれた母親だっただけに、亡くしてからの、“もっと孝行しておけばよかった” という反省の思いは今でも強いものがある。
 「 親孝行 したいときには 親はなし 」 とは良く言ったものだ。

 そんな謝罪の想いも含めて、きょうは母親に・・・。 
 結局、いつまでたっても 
 母親には頭を下げっぱなしなんだろうなぁ・・・。 


 彼岸と此岸(しがん)に、 
 隔たってはいても。 
プロフィールでござる
アクセス数でござる
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆ いつも有難うございます ☆
・・・・・ SINCE 2010/3/25 ・・・・・

記事(単語)検索でござる
月別表示でござる
カテゴリ別表示でござる